急に歯が痛くなった際に、とても心強い味方となってくれるのが歯医者さん、つまり、歯科医師の方々ですね。虫歯の治療や歯周病の治療、また、歯並びの矯正や歯石の除去を行ってくれるのも歯科医師の方で、歯科麻酔科による全身麻酔や放射線での治療、口腔内微生物の研究を行なっている歯科医師の方もいらっしゃいます。この歯科医師、国家試験の中でも「歯科医師国家試験」と言う試験に合格し、その後、歯科医籍に登録して厚生労働大臣から免許を受けなければならないと言う決まりがあります。要は、歯科医師として歯科医業を行う為には、必ず合格しなければならない国家試験が歯科医師国家試験なのです。この資格は就職に役立つ、立たない以前に、歯科医師になる為には必須となる資格ですので、もし歯科医師を目指しているのならば、なんとしてでも合格するように頑張りましょう。また、歯科医師として独立開業したい場合には、歯科医師免許を取得した後に1年以上の臨床研修を経験する事で開業する事が出来ます。歯科医師の殆どが開業すると言われていて、社会的地位も高いので人気もあり、最近では歯科医師が増え過ぎている事が問題視されている傾向にあります。歯科医師国家試験を受検する場合には、将来の事を良く考えるようにしてからにしましょう。たとえ合格出来て歯科医師の免許を取得出来たとしても、すぐに高収入を得られる訳ではなく、ワーキングプアの方も数多くいらっしゃいます。